NVIDIAのCUDAという技術用語の意味を調べた

NVIDIAのグラフィックスカードを調べると、CUDAという用語がよく出てくる。なんだろうと思い、調べたところ、Computer Unified Device Archtecture の略で、並列処理をするNVIDIAの技術ということだ。最近のGPUはその高性能を活かしてCPUの代わりに演算をするらしい。CUDAの機能をC言語などのコンピュータ言語で操作することができるらしいが、このようにグラフィックス以外にも活用できるGPU活用技術をGPGPU(General-Purpose computing on Graphics Processing Units)と呼ぶらしい。僕の関心を引いたはこのGPGPU操作をするコンピュータ言語はC言語だけでなく、PythonやRuby等でもできるという点だ。Pythonの汎用性は高いというのがあるが、高度な耐性性能をもたせた時に実用的かどうかは不明だ。

“NVIDIAのCUDAという技術用語の意味を調べた” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。